Tタッチ

自信をつければ、もう大丈夫!



<愛犬にTタッチを取り入れるようになってからの変化>

                                     2007年3月より9月現在



◇ Maryのバックグランド

  2005年夏、ブリーダー崩壊により、飼育放棄された
  約100匹のうちの1匹。
  レスキュー犬。
  現在推定8才。メス。
  犬種 ウェスティ
  




<<2007年年3月プラクティショナーコース参加前、気になっていた点>>

   ・ 爪きりが出来ない。
   ・ バリカン音こわい。
   ・ カミナリがこわい。(吠えまくる)
   ・ 雨が降っていると外へでない。
      (上から落ちてくる物体が不思議らしい。)
   ・ 全身ガチガチに固い。(特に頭、腰、おしりまわり)


特に爪が伸びすぎて内側にまわっている状態だが、爪を切るときにあばれまくるので、
1回につき、1本しか切れない状態でした。(獣医師、看護士、私の3人がかり)


   

<<2007年9月現在の様子>>

    ・ ボディラップを巻き、爪を切りに行くと、嫌がるが
      一度に10本の爪を切れるようになった。
    ・ カミナリがなると、「ボディラップ巻いてください!」と
      本人から側に寄ってくる。(巻くと落ち着くらしい。)
      (小さい音のカミナリは、ラップなしでO.K.)
    ・ 雨の中、外へ出れるようになった。
    ・ お座りが出来るようになった。
      (腰まわりがかなり固くてお座りができなかった。)
      (普段の姿勢は、おふせか、四足でたっている状態)
    ・ 頭、腰まわりがやわらかくなった。



<<今までに行ったこと>>


・ 身体へのTタッチボディワーク
・ ボディラップ(フル&ハーフ)
・ スクランチ
・ ワンド
・ グランドワーク




<<今後目指すこと>>


・ あばれずに爪きりができるように。
・ 猫と友達になる。





Maryはとても素直にTタッチの成果がでてきているように思えます。
うまくいく時もそうでない時も、の状態に常に
焦点を置いていくことの大切さを
教えてもらってます。


    ***************************************



◇ Lunaのバックグランド

 ゴールデンレトリバー 8才 メス
子犬の頃、犬にかまれ、他の犬が嫌い。
自分の所へこないように、先に威嚇をし吠える。
股関節形成不全


<<2007年7月プラクティショナーコース参加前、気になっていた点>>

・  こわがり
・  犬に対して吠える(散歩中)
・  股関節形成不全



<<2007年9月現在の様子>>

・  散歩時、犬をみても、「あ、犬がいる!」っていう感じになってきた。
   (吠える回数がかなり少なくなってきている。)
・  自制心がそなわりつつある。
・  こわがりは、まだあるが、わりとすぐおさまるようになってきた。


  

<<今までに行ったこと>>


 ・  Tタッチボディワーク
 ・  ボディラップ(フル&ハーフ)
 ・  グランドワーク
 ・  ワンド
 ・  バランスリード
 ・  2ポイントコンタクト




<<今後目指すこと>>



・  ハルティをとっても自制心を保つ。
・  体重バランスを四肢にかけれるようにする。
・  リラックス時間が長く続く
・  分離不安ということが、セミナーで発覚したので、
   知らない場所へ行っても平常心が保てる。
・  後肢の内側がとても固いので、緊張して
   力を入れないようにサポートする。





Lunaは、初めてからまだ、1ヶ月あまりですが、かなり変わってきています。
今後、またどのように変わっていってくれるのか。。。
楽しみです。




猫はこちらをどうぞ!





TタッチTopへ |